プランター葬
都会でペットを埋葬する方法
ペットの埋葬

公園や川の河川敷にペットの亡骸を埋めるのは違法?

公園や川の河川敷にペットの亡骸を埋めるのは違法?

ペットと言えども家族。もし可愛がっていたペットが亡くなったとき、しっかりと供養してあげたい、という想いが湧いてくるのは自然なことでしょう。

供養には、たとえば「火葬」や「土葬」といった方法があります。

また、ペットと言っても大型犬や猫から、ハムスターやハリネズミ、ウサギなど小動物まで様々なケースが存在します。

自宅の家で行える供養の方法としては、家の庭に埋める「土葬」が手軽に行えるペットの埋葬方法としてあげられます。

自分の家の敷地内であれば、ペットの亡骸を埋める行為は違法にはなりません。

しかし、東京など都会の場合、マンションやアパートなどに住んでいたり一人暮らしをしているなど、お庭がないご家庭も多いのでないでしょうか。

庭がないときには、つい近所の公園や河川敷にペットの亡骸を埋葬したくなるかもしれません。

一昔前なら、そういう方法で埋葬している家庭も多かったでしょうが、残念ながら基本的には公共の場所に動物の死体を埋める行為は「違法」になります。

公園や他人の土地などに無断で埋めることは、ペットの大きさに関係なく、廃棄物の処理及び清掃に関する法律5条の規定に反し、「公共の利益に反してみだりにごみ、鳥獣の死体その他の汚物または廃物を棄てた者」として軽犯罪法違反(同法1条27号)により処罰されます。

また河川や山林に埋めた場合でも廃棄物の不法投棄となり廃棄物処理法により罰せられる。また、海に投棄することも同法律施行令で禁じられている。

出典 : 土葬できるの?

以上のように、公園や河川敷でペットの死体を埋める行為は「軽犯罪法違反」に当たります。

ちなみに、お家の庭に埋める場合でも、小動物なら問題ないかもしれませんが、ある程度の大型動物になると、近所への影響も考慮し、そのまま埋葬することはおすすめできません。

埋葬するにしても、一度火葬してから遺骨を埋葬したほうがよいでしょう。

また、遺骨を粉状にして海や山などに撒いて自然に戻すことを「散骨(さんこつ)」と言います。

散骨も、一つの供養の形と言えるでしょう。

この場合は明確に法律違反とは言えず、法務省の見解によれば、「節度を持って行えば違法ではない」とのこと。

節度を持った散骨とは、粉状にしてあることや、散骨する場所への注意が必要、ということです。

条例で散骨を禁止している市町村もあるので、あらかじめ確認を取るようにしたほうがよいでしょう。