プランター葬
都会でペットを埋葬する方法
ペットの埋葬

ペットの火葬と市役所

ペットの火葬と市役所

犬や猫、ハムスターやウサギ、ハリネズミといった小動物のペットが亡くなった際に、葬儀も含め、埋葬方法に悩むという方も多いと思います。

昔であれば、ちょっと山や林に埋めに行ったり、箱に入れて川に流すといった方法をとっていこともあったかもしれません。

また自分の家の庭に埋める、というひとも多いでしょう。

しかし、特に都心部など賃貸では自由な庭もありませんし、公園や川などの公共空間にペットなど動物の死体を埋める行為は違法になっています。

公園や川の河川敷にペットの亡骸を埋めるのは違法?公園や川の河川敷にペットの亡骸を埋めるのは違法? ペットと言えども家族。もし可愛がっていたペットが亡くなったとき、しっかりと供養してあ...

それでは、ペットが亡くなったときに一体どんな埋葬方法があるのでしょうか。

ひとつはペット専用の葬儀会社にお願いする、という方法があります。

たとえば利用シェアNo.1の「ペット葬儀110番」では、お引き取り後に、合同火葬、そして提携霊園への埋葬する。あるいは個別火葬後にお骨を自宅へ届ける、といった方法も用意されています。

しっかりと供養したい、という場合には、こうしたペット専用の葬儀会社にお願いする、というのも一つでしょう。

また、市役所や区役所でも一応対応はしてくれます。

ただし、一部を除き、多くの役所ではまだまだたとえペットであっても「一般廃棄物」というくくりで合同火葬として処分される、というのが現状のようです(料金も自治体ごとに差があります)。

そのため、ペットの葬儀会社にお願いする場合とは違い、役所ではお見送りや納骨といった特別な供養を行うこともできません。

役所としても、苦しい財政状況のなかでペットの供養に税金を使ってどこまで関与すべきか、ということに頭を悩ませている様子。

ペットの供養については、自治体ごとで対応に違いがあるので、まずはそれぞれの市役所、区役所に問い合わせてみましょう。