プランター葬
都会でペットを埋葬する方法
ペットの埋葬

都会で安心「プランター葬」とは

都会で安心「プランター葬」とは

都会のマンションやアパートなどでハムスターやうさぎ、インコやリスといった小動物をペットとして飼っている方は、大切なペットが亡くなったときにその埋葬方法に悩まれるかもしれません。

持ち家の庭であれば埋葬しても違法ではありませんが、公園や空き地など公共の場や他人の私有地に勝手に埋葬することは法律上許されません。

公園や川の河川敷にペットの亡骸を埋めるのは違法?公園や川の河川敷にペットの亡骸を埋めるのは違法? ペットと言えども家族。もし可愛がっていたペットが亡くなったとき、しっかりと供養してあ...

そこで今小動物を埋葬する方法として増えているのが、マンションでも埋葬できる「プランター葬」です。

プランター葬とは、その名の通り、草花を活けたり植えたりする鉢植えや箱などのプランターに亡くなったペットを埋めるという方法です。

プランター葬の特徴は、以下の三点になります。

①都会のマンションやアパートでもできる

プランターを置くベランダなどがあれば、東京や大阪など都会のマンションやアパートなどでも埋葬できます。

②土に還る

長い時間はかかりますが、土壌に生息する微生物の力も借りながらペットの亡骸がゆっくりと土に還っていきます。

③種を蒔いて花が咲くと一緒にいるように思える

プランターなので種を蒔いて草花を育てることで自然のお墓のような空間になります。また植物よりも石を敷き詰めて管理する方法もあります。

以上のように、プランター葬とは、プランター(鉢植え)を活用して大切なペットの亡骸を埋葬する、特に都会で動物と暮らしている方におすすめの方法です。