プランター葬
都会でペットを埋葬する方法
ペットの埋葬

プランター葬で使用するおすすめのプランターの素材やサイズは?

プランター葬で使用するおすすめのプランターの素材やサイズは?

ハムスターやリス、ハリネズミや小さな鳥といった小動物が亡くなってしまった際に、自宅の庭のないご家庭で埋葬する方法として「プランター葬」が注目されています。

都会で安心「プランター葬」とは都会で安心「プランター葬」とは 都会のマンションやアパートなどでハムスターやうさぎ、インコやリスといった小動物をペットとして飼っている...

プランター葬では、文字通り草花を植えるプランターを使用します。

土に還る年数は土壌など環境によって違い、短ければ一年ほどですが、長ければ十年以上はかかるとも言われています。

そのため、プランターの素材は耐久性のいいものを選ぶようにしましょう。

プラスチック製の素材よりも、陶器製がおすすめです。素焼きのプランターにするとよいでしょう。

サイズも、異臭防止や虫が湧きにくいように底の深いものでペットの大きさよりもだいぶ大きなプランターを選びます。

プラスチックのプランターは劣化するので、用意したプランターは素焼きの10号鉢(1号 = 直径3cm)

最低でも、ハムちゃんの3倍の量の土を敷いて3倍の量の土を被せる必要があるそうです。
このサイズのプランターなら問題は起きにくい筈です。

出典 : プランター葬について

陶器製で縦長の深めのプランターを選びます。

深さ30cm以上はほしいところです。

安いプラスチック製のプランターの場合、2年ほどで底が割れる恐れがあります。

ずっと埋葬するお墓用には向かないので、陶器のプランターを選びましょう。

出典 : ハムスターをプランターに埋葬する方法【墓石を使うとかわいい】

プランターのサイズは、飼っていたペットの大きさにもよりますが、深さ30cmは必要になります。

プランター葬を行う際は、素焼きのプランターで、深さは30cm以上のものを選ぶとよいでしょう。

ちなみに、プランター葬で必要な道具は、「プランター(鉢植え)」「受け皿」「鉢底石」「腐葉土」などとなります。